本サイトはスライドショーを表示させる為JavaScriptを用いています。JavaScriptが有効でない場合には、JavaScriptを有効にして、閲覧をお楽しみ下さい。

2013/10/19 姉妹サイト日本全国旅そうだんBlogオープンしました!

No.029 湯島聖堂

type:史跡

ロケーション:街中

湯島聖堂

旅行・観光基本データ

湯島聖堂は東京都文京区湯島にある国指定の史跡。
江戸時代、5代将軍徳川綱吉によって建てられたと言われており、後に「昌平坂学問所」として開設されたことから、世間では広く今の日本の学校教育のもととなった建物として知られている。
当時は儒学を中心として、中でも朱子学が盛んに行われた。

このような時代の中、当初は朱子学の中でも大きな地位を占める一派であった林羅山を中心とする林家の私塾がここ湯島に置かれていたのだが、後にこの林家の私塾を幕府が直轄の学問所として管理するようになり、これが「昌平坂学問所」と呼ばれるものとなった始まりである。


湯島聖堂は神田川を挟んで御茶ノ水の街の対岸、台地の上に建っている。
境内への入場は無料。
御茶ノ水の駅からも近く、このように聖堂は都心のど真ん中に建つ史跡であるのだが、境内に入れば都会のざわつきはなく、随分と物静かな雰囲気で参拝をすることが出来るのが特徴だ。

また、湯島聖堂と同様に学問と縁が深い湯島天神と呼ばれる神社が同じ東京文京区内にあるのだが、湯島聖堂の最寄り駅がJRや地下鉄の御茶ノ水駅であるのに対し、湯島天神の最寄り駅はJR御徒町駅や地下鉄湯島駅となるので、名前は似ているが場所はやや異なっているのでそのあたりを混同しないように注意しよう。
(ちなみに、湯島天神の方には学問の神様として有名な菅原道真が祀られています!!)

住所:東京都文京区湯島1-4-25
アクセス
電車:JR御茶ノ水駅、地下鉄新御茶ノ水駅から徒歩すぐ
   地下鉄御茶ノ水駅から徒歩約5分
自転車:日本橋から国道17号線/内堀通り約2km
    上野から都道437号線/国道17号線約2km

執筆日:2011/7/21

一覧へ戻る

CopyRight (c) 2010 Teppi All Right Reserved.

inserted by FC2 system